ノブユキ今週の収穫

1週間の個人的収穫を振り返るブログ。読者のみなさんにとっても収穫になれば幸いです。

No.069 歓喜、あるいは奇跡

2022年11月19日~25日号

 

今週の収穫ピックアップ

11/20(日) TBSラジオ安住紳一郎の日曜天国

オープニングで、2008年に安住紳一郎アナウンサーが秋田県でボウリングに興じたときの話のアーカイブを放送。そのときに安住さんと写真を撮った隣の隣のレーンにいた家族の娘さんが大使館の職員となり、赤坂のイベントで安住さんに会ったことを感謝するメールが。読んでいる途中で安住さんは号泣。エピソード自体は今のコンプラでギリギリな話ですが、14年の時を経て心温まる放送となりました。

 

11/20(日) フジテレビ「千鳥の鬼レンチャン」

看板企画「サビだけカラオケ」には島谷ひとみさん、ジャニーズWEST神山智洋さん、よよよちゃん、りんごちゃんが参戦。島谷さんは「染みんなぁ」と野次られたノブさんを見返すためにファンと一丸となって躍起したり、りんごちゃんは歌う曲に合わせて歌手のモノマネ衣装で挑戦するなど、今回も歌と笑いに包まれた2時間でした。なお、次回の放送は来年1月8日。まさかの休み6レンチャンです。

 

11/21(月) 関西テレビ「エルピス -希望、あるいは災い-」 ※ネタバレ含む

前回いじめを受けていた友人を見て見ぬふりをしていたことを懺悔したディレクターの岸本(眞栄田郷敦)が、アナウンサーの浅川(長澤まさみ)の力を借りずに単身で冤罪案件の取材をするようになり、死刑判決を覆せるかもしれない証言を入手。その成長ぶりと髭を生やした郷敦さんの色気がすごい5話でした。空腹のあまりファミレスで雑炊を掻き込む姿も印象的です。

 

11/22(火) 中京テレビ「ヒューマングルメンタリー オモウマい店」

北海道にて単身で取材する綾田ディレクターが偶然出会ったのは保育園を5つ経営しているという河井さん。握り寿司と海鮮丼がセットで2000円の店、600gの分厚いポークチャップを出す店などの取材でディレクターを送迎するほどのやさしい人で、綾田さんの寝泊まりや帰りの新千歳空港まで面倒を見ていました。河井さんの「人にやさしくすると自分に返ってくる」という格言を自分も大事にしたいと思いました。2000円へのこだわりが強すぎる店主も面白かったです。

 

特集

20日日曜に2022FIFAワールドカップカタール大会(以下、W杯)が開幕。日本代表は23日水曜にドイツ戦で初戦を迎えました。前半でPKを取られてドイツに先制を許しましたが、後半30分に堂安律選手のゴールで同点に。さらに後半38分に浅野拓磨選手もゴールを決めて逆転。いわゆるドーハの悲劇から29年、強豪国を相手に2-1で勝利しドーハの歓喜となりました。

NHKのテレビ欄の縦読みが報われた

 

この試合をNHKと共に中継したインターネットTVのABEMAの視聴者数は初の1000万人を記録。ABEMAではW杯を全試合中継し、様々なアングルで試合を楽しめるカメラ切り替えも実施。実況はテレビ朝日系列各局のアナウンサーが務め、解説には元サッカー日本代表本田圭佑さんを迎える力の入れようです。私がTwitterで採ったアンケートではABEMAでの視聴が約3割に達していて配信全盛の時代を感じました。

また、NHKがドイツ戦の前に放送した「デイリーハイライト」ではナインティナイン岡村隆史さんが生出演。高校のサッカー部でFWだった岡村さんにとって悲願のW杯の仕事はスーツ姿でかなり緊張した様子でした。途中で同局のW杯テーマソングを担当するKing Gnuも登場し、ボーカルの井口理さんを"ヌーさん"と呼ぶほど親しんでいたあの頃のオールナイトニッポン木曜1部・2部を思い出しました。

岡村さんは25日金曜にも出演し、本来この時間で放送の「チコちゃんに叱られる!」で共演しているチコちゃんと塚原愛アナウンサーも生出演していたのでリラックスした様子でした。テレビ朝日・ABEMAのW杯キャスターを務める相方の矢部浩之さんと一緒にW杯を盛り上げてほしいです。

 

編集後記

タレントのジョン・カビラさんと川平慈英さんはそれぞれフジテレビとテレビ朝日のサッカー関連番組を長年支える名物兄弟。兄のジョンさんは64歳、弟の慈英さんは60歳で二人とも還暦を超えていますが衰えを感じさせません。24日木曜にはテレ朝の「徹子の部屋」に揃って出演。今大会でも2人の雄叫びをたくさん聞きたいです。

 

では、今週はこんなところです。