ノブユキ今週の収穫

1週間の個人的収穫を振り返る情報番組風ブログ。読者のみなさんにとっても収穫になれば幸いです。

ラッピーが消えた日

画像

2022年8月1日(月)、TBSの朝の番組「ラヴィット!」で画面左上に表示される時刻が、番組オリジナル仕様から同局の汎用タイプに置き換わり、通称"座布団"と呼ばれる背景ロゴのサイズもひとまわり小さくなっていた。ラヴィット仕様の時刻を使っている一部の系列局でも変更になったことがTwitterのフォロワーのツイートによって明らかになり、タイムラインは一時騒然となった。

 

画像

しかし、翌2日(火)には以前と同じラヴィット仕様の時刻が表示され一部の系列局も元通り。フォロワーからは「設定ミス」「時刻表示が使えないトラブル」「秋の改編に向けての予行練習」といった技術的要因の憶測が出たが、理由は実に単純なものだった。

 

画像

1日(月)は9時台に東京ディズニーランド(TDL)の特集があり、「時刻が変わる度に登場する番組キャラクターのラッピーをTDLの映像と被らせないようにするため」が最も有力な説とされている。さらにこの日は時刻表示だけでなく、VTR中のクイズで登場するラッピーも不在で、スタジオに点在するラッピーの人形やラグマットもTDL特集の前に撤去され、MCの川島明の衣装からは番組冒頭からラッピーのピンバッジが消えていた。TDLの映像の右下に提供クレジットが表示されず、CM明けに流れるアイキャッチに提クレを出すために番組ロゴが右側ではなく左側に配された。

 

この説を裏付ける事案として、日本テレビの「ヒルナンデス!」が同年5月にディズニー映画を特集した際、番組キャラクターのハピナンデスの着ぐるみが登場しなかったことがフォロワーのツイートで判明した。さらに、ラヴィット仕様の時刻表示を使っているMBSCBCは時刻が変わる際にラッピーが登場しないタイプだったため、1日の放送でもそのまま使用していたようだ。

 

ラヴィットは翌週8日(月)にTDL特集の後編を放送し、1日(月)と同様の措置が取られた。なお、エンドクレジットの「明日も見てね!」のメッセージとラヴィットポーズをとるラッピーのアニメは1日も8日も変わらず表示された。これも憶測にすぎないが、権利関係に厳しすぎるディズニーへのささやかな反抗だったのかもしれない。フォロワーからのリプライにあった「ラッピーとミッキーのコラボを見てみたい」には完全に同意である。