ノブユキ今週の収穫

1週間の個人的収穫を振り返るブログ。読者のみなさんにとっても収穫になれば幸いです。

あくまでもテレビ

日曜夕方の長寿番組「笑点」(日本テレビ)では、かつて桂歌丸さんと三遊亭円楽(旧名:楽太郎)さんが罵倒合戦を繰り広げていました。歌丸師匠は「ハゲ」呼ばわりされ、円楽師匠は「腹黒」呼ばわりされ…売り言葉に買い言葉の状態がテレビに映し出され、お茶の間に笑いの渦を巻き起こしていました。

 

実際、この二人はとても仲が良く、歌丸師匠の晩年には円楽師匠が車椅子を押してあげていたこともあったそうです。笑点での罵倒合戦をテレビのなかのエンターテインメントとして魅せていた二人の芸人魂を感じます。

 

かつて放送されていた深夜番組「フリースタイルダンジョン」(テレビ朝日)では、ラッパー同士が即興で韻を踏みながら相手を罵倒するMCバトルが人気を博し、ラップバトルが世間でもちょっとしたブームとなりました。 バトルラップで圧倒的な強さをみせていたCreepy NutsのR-指定さんと一緒に組んでいるDJ松永さんは、MCバトルを見た視聴者による批判で日本のHIP HOPの限界を感じたそうです。

 

2021年11月13日放送の「マツコ会議」(日本テレビ)に出演した際、松永さんは「暴力的なところ、倫理的にアウトなところを許容する価値観が日本人と合わない」「男性が女性に言った言葉で炎上したのを見て、これ以上日本だとないんじゃないか」と心の中の葛藤を告白。

 

それに対しマツコ・デラックスさんは「テレビだからダメ」「世に出て人に触れてメジャーになった途端に、そこに表現ってものはもはや存在しなくなるかもしれない」と語り、「矢面に立った瞬間にもうそれはピーク」「もうそこから消滅していくものがショーになってるのよ」と説いたのです。 マツコさんの言葉に松永さんは思わず涙。それを見たマツコさんがもらい泣きするという衝撃的な展開に。エンタメを表現する側が流す涙に、エンタメを消費する受け手側として身につまされる思いでした。

 

テレビは"マス"メディアなので多くの視聴者が目にし、賛否両論が巻き起こってしまうのは仕方のないことかもしれません。しかし、それはあくまでもテレビのなかのショーであり、虚と実を一緒くたにして番組や出演者を批判するのは良くないと思います。お笑い芸人が郵便物を勝手に開封する局員を演じるコントで炎上したり、リアリティショーでヒールを演じた女子プロレスラーが視聴者の誹謗中傷を苦に自ら命を絶つこともありました。テレビはテレビとして楽しむべきなのです。

 

テレビのみならず、この世のあらゆるエンタメが表現ひとつで炎上し消されていく時代。これ以上、表現者たちを自主規制で苦しませないように、受け手側がもっと寛容になってエンタメを楽しむべきではないでしょうか。テレビっ子として、自戒の念を込めて。